二日酔いに効く食べ物飲み物は?早く治したい人にはこれがいい!

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

こんにちは。

年末が近づいてくると忘年会、飲み会が増えてくるのではないでしょうか。

今回は二日酔いを早く解消するために、二日酔いによい食べ物、飲み物を調べました!

なぜ二日酔いになるの?

二日酔いはもちろん、お酒の飲みすぎです。

胃や小腸で吸収されたアルコールは肝臓へと運ばれ、

アセトアルデヒドという物質に分解されたあと、さらにアセテートへと変化します。

このアセテートは全身を回りながら、筋肉や脂肪組織で水と二酸化炭素に分解され、

息、汗、尿として体の外に排出されます。

この排出するサイクル以上の酒量だった場合は、排出できずに、

また、アセトアルデヒドがアセテートに変化できなかった場合は二日酔いになります。

二日酔いの時に飲みたいもの

体内のアセテートを排出することが第一なので、まずは水分補給が重要です。

とくに水やスポーツドリンクが良いとされます。

風邪の時などと一緒ですね。

頭痛がひどい場合は、血管を収縮させるカフェインを含むコーヒーを1杯飲んでもいいでしょう。

逆に頭痛がひどいときは牛乳などはやめておいた方がいいですね。

また、吐き気がひどいときはアミノ酸飲料もよいとされます。

二日酔いの時に食べるとよいもの

アミノ酸の一種タウリンを含むしじみは、肝臓の働きを助けてくれます。

アセトアルデヒドの分解を助けてくれるグルタミン、血中のアセトアルデヒド濃度を下げる働きをするアラニンなどの成分も含まれ、しじみは二日酔いに効くとされます。

とくに水分、塩分も摂取できるしじみの味噌汁がおススメですね。

果糖はアルコールの分解を助けてくれますので、含有量の多いぶどう、リンゴ、グレープフルーツ、キウイなどを食べるのも効果的です。

トマトに含まれるクエン酸とリコピンは、水分を摂取しながら胃腸の働きを助けてくれます。

クエン酸は疲れた胃をやすめ、リコピンはアセトアルデヒドの働きを抑制します。

100%のトマトジュースでもいいですね!

二日酔いのときはやめた方がよいもの

よく、迎え酒がよいなんて聞きますが、そんなことはありません。

アセトアルデヒドを増加させるので、迎え酒はやめましょう

頭痛の時に1杯くらいのコーヒーは効果がありますが、何倍も飲むと体内の水分不足になりかねませんので、二日酔いの時は適量がよいとされます。

脂肪分の摂りすぎにも気を付けてください。

ハンバーガーやベーコン、バタートーストなど、軽く朝食を食べたくてもフルーツなどさっぱりしたものがよいですね。

サラダにたくさんのドレッシングをかけるのも気を付けてください。

今回は「二日酔いに効く食ベ物飲み物は?早く治したい人にはこれがいい!」ということで調べてみました。

二日酔いに気を付けて楽しく飲みましょうね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました