年賀状・遅れた挨拶やお詫びの文面マナー、出し忘れた友達に返信はどうすればいい?

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク

こんにちは!

年末は忙しくて年賀状が間に合わない、なんて人もたくさんいると思います。

上司や仕事に関係する人から年賀状が届いた場合の返信には何て書けばいいのか困りますよね。

今回は、年が明けてから年賀状を書く場合のことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

年賀状・遅れた挨拶やお詫びの文面マナー、出し忘れた友達に返信はどうすればいい?

年賀状を送ってない人からの年賀状が届いたら、なるべく早く返すようにしましょう。

その際に「年賀状ありがとうございます」等の文面を入れると、届いた年賀状の返信であると思われてしまいますよね。

郵便事情で年末に出しても3日ころ届く場合もありますので、1月3日くらいまでは、そのようなお詫びの文面は入れずに、普通の年賀状として出す方がよいでしょう。

その際に、近所のポストではなく、集配を行っている大きな郵便局に直接持参して出しに行くと、集荷時間分が短縮され、少し早めに到着する可能性があります。

1月3日過ぎてから7日までは、お詫びのコメントを一文添えて出しましょう。

松の内である7日を過ぎる場合は、普通の官製はがきで寒中見舞いとして出しましょう。

文例

会社の同僚や上司、またあまり会わない友人などはマナーを守って、年賀状を出しましょう。

遅れて出す年賀状の例文としては・・・

あけましておめでとうございます       (賀詞)

お心のこもった年賀状をありがとうございました (お礼)
ご挨拶が遅れましたことをお詫び申し上げます (お詫び)
本年もよろしくお願いします         (締の挨拶)

令和2年1月

このような構成で書くのが一般的です。

3が日に返信できるようであれば、お礼の文面は省くとよいでしょう。

お礼、お詫び文面の例をいくつかピックアップします。

(お礼)

・早々にお年賀状をいただき、誠にありがとうございました

・新年早々のうれしいお便り、ありがとうございます

ご丁寧な年賀状を頂戴し、ありがとうございました

※お礼文は「~~~~ありがとうございました」ですね!

(お詫び)

・年末より留守にしておりまして、ごあいさつが遅れ申し訳ございません

・年末年始を旅先で過ごしましたもので、遅ればせながらごあいさつ申し上げます

・年末より帰省しておりましたため新年の御挨拶が遅れましたこと心よりお詫び申し上げます

・年末年始にとりまぎれ ご挨拶が遅れましたことをお詫び申し上げます

・年末の慌ただしさにまぎれ新年のご挨拶が遅れ 大変失礼いたしました

※お詫び文は「~~~~お詫び申し上げます」「~~~~失礼いたしました」「~~~~申し訳ございません」といった感じです。相手との関係性で、仕事関係はきちっと、友人などは堅苦しすぎない言葉がいいですね!

また、7日過ぎて、寒中見舞いとして出す場合の年賀状への返信は、普通の官製はがきで出します。

年賀状として出す場合と同様に、届いた年賀状のお礼や挨拶が遅れたお詫びを添えるようにします。

(例文)

寒中お見舞い申し上げます。
早々に新年のご祝詞を賜りながらご挨拶が遅れまして申し訳ございません。
旧年中のご厚誼に深く感謝申し上げますと共に本年も変わらぬご支援ご厚情のほどよろしくお願い申し上げます。
会社の上司や同僚、取引先などはとくにマナーを守って出しましょう。
あなたの評価が上がるかもしれませんよ。
それでは、今回は「年賀状・遅れた挨拶やお詫びの文面マナー、出し忘れた友達に返信はどうすればいい?」ということで書いてきました。
最後までお読みいただきありがとうございました!
タイトルとURLをコピーしました