チャクラの意味、色、対応する場所は?チャクラエネルギーを生活に取入れ心身良好に!

スポンサーリンク
占い・スピリチュアル
スポンサーリンク

こんにちは。

チャクラという言葉、最近では割と聞かれるようになってきたような気がします。

聞いたことがあるけど、よく意味が分からないかたもいるのではないでしょうか。

今回はチャクラについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

チャクラの意味、色、対応する場所は?チャクラエネルギーを生活に取入れ心身良好に!

チャクラとは

インドでは昔から、人間には「チャクラ」と呼ばれるエネルギーの場所が7か所あり、心身のパワーを司っていると考えられています。

それぞれのチャクラのエネルギーの流れが悪くなってくると不調に陥ったり、病気の原因にもなると言われています。

ですから、7つのチャクラのエネルギーの流れを良い状態にする、良い状態に保つことが大切ですね。

ちなみに、チャクラとはサンスクリット語で「車輪」「円」の意味です。

各チャクラの場所と意味は

それでは、各チャクラの意味と、場所、対応する色を書いていきます。

第1チャクラ(ベース)は、感情や精神の基盤となるチャクラです。
場所: 脊柱の基底部、生殖器あたり
色: 赤、黒

第2チャクラ(ベリー)は、人間関係や感情を司るチャクラです。
場所: 下腹部、脾臓、仙骨あたり
色: オレンジ

第3チャクラ(ソーラープレクサス)は、自分を認め、信頼することを意味するチャクラです
場所: みぞおち
色: 黄色

第4チャクラ(ハート)は、愛のエネルギーのチャクラです。
場所: 胸の中心
色: 緑、ピンク

第5チャクラ(スロート)は、表現することやコミュニケーションのチャクラです。
場所: 喉
色: 青

第6チャクラ(サードアイ)は、直観や物事・出来事の深みを見るチャクラです
場所: 眉間
色: 藍

第7チャクラ(クラウン)は、宇宙のエネルギーを受け取るチャクラです。
場所: 頭頂部
色: 紫、白

7つのチャクラの色は、「赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫」で、虹の7色と同じ色列となっています。

十人十色という言葉にあるように、私たちは「色」を持っていると考えることができると思われます。
そして、チャクラは虹の色列であるので、人間は、虹を持っていると考えることもできますね。

また、その人のコンディションや状態によって変化しますが、オーラと言われる人間が発する色があります。

人というのは色でできているという解釈もできるかもしれません。

人は「ヒューマン/human」と言いますが、この「ヒュー/hue」は色を意味するそうですよ。

チャクラを生活に生かすには

スピリチュアル初心者向けに、どのようにして生活に取り入れるか、初心者向けのスピリチュアルを意識した生活はまずこのくらいからやってみましょうという記事を書いてきました。

①スピリチュアルに意識を向け目覚める、今後に備える/生活にどう取り入れる・何をすべきか
②スピリチュアルに意識を向け目覚める、今後に備える/生活にどう取り入れる・何をすべきか
スピリチュアルに意識を向け目覚める、今後に備える/生活にどう取り入れる・何をすべきか

チャクラの意味を知ってどうすればいいの?という人が大半ではないかと思います。

各チャクラのエネルギーを整えると心身の状態が良くなるのです。

上記の記事を読んで瞑想にチャレンジしてくださったかたもいるかもしれません。

なかなかうまくいかなくても「動かず静かにしている時間」を作ることは、身体によい影響を及ぼしますので、こまめに続けてみてください。

そして、瞑想するときに、この7つのチャクラがエネルギーが通りやすいように意識した姿勢で瞑想するように心がけてみましょう。

生殖器から頭頂部までがまっすぐな状態ですね。

普段、姿勢の良くない人は、変に力が入ってしまうかもしれませんので、ストレッチや軽く体操した後に瞑想しましょう。

そして、第1チャクラから第7チャクラまで、エネルギーが通っているイメージを持ちながら瞑想することをオススメします。

スピリチュアルが好きなかたに多いのですが、サードアイを活性化させたいと、そればかりになる人が少なくありません。

他のエネルギー、とくに第1、第2などのエネルギーが弱いのに、サードアイを活性化させようとすると、頭でっかちのような状態になり、体調不良になることがあります。

7つのチャクラで下の方の第1~第3チャクラを、しっかりと整えることをオススメしますので、
瞑想でうまくいかない人は、まずこの3つのチャクラに意識を向けて、下の方のチャクラエネルギーがスムーズに流れるイメージを持ってください。

また、体調がすぐれない時に、下着の色を赤や黒にする、黒いズボンや赤いスカートを履くなどすると、エネルギを整えるサポートとなりますので、お試しください。

このように、色を意識した生活、チャクラを意識した姿勢や瞑想をすると良いと思います。

今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました