自粛生活に向いている楽器は?50歳60歳から始める!楽器を習いに行こう!

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。

以前、簡単で小さな楽器の記事を書きました。

・簡単な楽器!小さい・携帯が楽・50歳から始める人も大丈夫!

2020年は新型コロナウイルスで、私たちの生活に変化がありました。

「コロナ後」に趣味にしたい楽器について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

自粛生活に向いている楽器は?50歳60歳から始める!楽器を習いに行こう!

コロナ後に始める

なぜ、「コロナ後」なのかと言いますと、ソーシャルディスタンスが推奨されるようになり、カラオケや歌を歌うために集まることが難しくなってきました。

地域の施設や公民館などを借りようとしても、歌がNGの地域が少なくないようです。

同様に、「吹く楽器」に関しても、そのような傾向が見られるそうです。

本当に「歌が歌いたい」「管楽器などの吹く楽器を演奏したい」場合は、個人の先生がやっている教室で、個人レッスンしてもらうのがよいでしょう。

グループやサークルなどは、第2波が来た場合、練習が中断される可能性があるかもしれません。

今から何か楽器を始めたい方は、吹かないで、手など身体で操作する楽器を選ぶことをオススメします。

そして、自粛生活において、1人で練習・演奏しても楽しめる種類の楽器が飽きずにできると言えます。

楽器は、何歳になってからでも始められます。
50歳でも60歳でも遅くありません。

気長に続けられる趣味として1つでもあると人生も楽しいものになるのではないでしょうか。

遠出などができない今、楽器を始めるには良いタイミングと言えるかと思います。

どんな楽器を始めればいいか

オススメしたいのが、一般的にポピュラーな「ピアノ」「ギター」です。

ピアノやギターは、数人で演奏しても楽しいですが、ソロとして1人で弾くこともでき、長年の趣味として楽しめるでしょう。

住宅事情などでピアノを置けない場合は、「電子ピアノ」「エレクトーン」でもいいですね。

また、ギターと似た形で小さなウクレレも良いと思われます。

ピアノやギターは難しそうで・・・と心配なかたや、飽きっぽいかたは、習いに行ってしまいましょう。
基礎は独学よりも習った方が早いですし、良いお手本の演奏を近くで見ることは、あなたの上達に繋がると言えます。

先生との相性もありますので、この先生なら続けられそうと思えたら、レッスンのスケジュールを組み込んでしまいましょう

ピアノは個人レッスンですが、ギターは時々グループレッスンもありますので、仲間がいた方が続けられそうであるなら、グループレッスンに通ってみてください。

また、ウクレレの場合、先生によっては弾き語りを前提としたコードのみのレッスンということもあるようです。
最初はそれでもよいかと思いますが、自粛生活ということを考えると、将来的にはウクレレのソロ演奏も教えてくれる先生を選ぶと良いでしょう。

女優の石田ゆり子さんもクラシックギターを習っているそうですね。

何歳になっても始めたいと思ったら、チャレンジすることは素晴らしいと思います。

弾いている姿も素敵ですね!

石田ゆり子 Yuriko Ishida on Instagram: “忙しくて全くギターに触れていない日々です… これは一ヶ月以上前の動画😂 初歩の初歩。 が、がんばります。 頑張るのだ。”
112.8k Likes, 738 Comments - 石田ゆり子 Yuriko Ishida (@yuriyuri1003) on Instagram: “忙しくて全くギターに触れていない日々です… これは一ヶ月以上前の動画😂 初歩の初歩。 が、がんばります。 頑張るのだ。”

もちろん以前ご紹介したハンドベルやカホンもよいですが、1人でも楽しめるソロ演奏ができる楽器が、この自粛生活に向いているのではないかと思い、ご紹介しました。

自粛生活こそ、楽器を始めるのに良い機会ではないかと思います。

音楽療法という言葉もありますが、自粛で鬱々としないよう、音楽のある生活にすることは気持ちを上げてくうえでも効果的ではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] こちらもどうぞ!→ 自粛生活に向いている楽器は?50歳60歳から始める!楽器を習いに行こう! […]

タイトルとURLをコピーしました