渋谷東急東横店ってなくなるの?閉店売り尽くしセール開催中!限定販売品も!

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

こんにちは!

渋谷の東急東横店が閉店するそうです。たまたま今日通ったら、すごい行列ができていたのですね。皆さんも、駅直結ですので、行ったことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、渋谷東急東横店について書いていきます!

スポンサーリンク

渋谷東急東横店ってなくなるの?閉店売り尽くしセール開催中!限定販売品も!

渋谷東急東横店の歴史

すべてのお客様に大感謝。85年分の東横総決算
渋谷駅・東横店は、本年3月31日(火)をもって営業を終了します。
(地下1階食品売場は営業を継続します。)
85年という永い時間の中で、いつの時代もお客様と共に、渋谷の街と共に歩んでこられたことへの感謝の気持ちを込めて、1月9日(木)から「85年分の東横総決算」をスタート。「85年分の総力結集売りつくし」をはじめ、お客様・渋谷・東横店を結ぶさまざまなイベントも開催します。
最後の3カ月をお客様と共に、記憶に残る時間を過ごすため、全館全力、精一杯のおもてなしで「85年分の感謝」をお届けします。(写真提供協力:東急株式会社、赤石定次様)

1934(昭和9)年に開業した「東急東横店」の営業を、2020年3月31日で終了して、西館・南館を閉館するそうです。

今、渋谷は100年に一度の再開発と言われています。新しい建物ができていくのに比例して、古い建物は建て替えとなっていきますね。

東急東横店(当時は東横百貨店)は1934年、渋谷駅と直結するターミナルデパートとして開業しました。当初は東館のみで、1954(昭和29)年に西館、1970(昭和45)年に南館をそれぞれ増築し3館体制で営業していました。

そして、2013(平成25)年には、現在駅周辺を中心に進められる再開発に伴い、東館を閉館・取り壊しました。取り壊された東館の施設・売り場は西館・南館に移設・集約し、営業を続けてきましたが、駅周辺の再開発のに伴い、今回、現在営業している西・南館も営業を終了するとのことです。

地下1階の食品売り場「東急フードショー」「東横のれん街」は、東横店営業終了後も営業を継続するが、「東横店の名称が残るかはまだ分からない」とのことです。

東横店がこれから閉店しますが、早くも東急の渋谷スクランブルスクエアがオープンしていますね。

閉店セール

閉店は寂しいけど、セールは楽しみですね。東横店も閉店セールが始まっていますよ!

「85年分の総力結集売りつくし」第1弾は、1月9日(木)から31日(金)まで。
3月31日(火)までの約3カ月間を5つの期間に分けて以下のスケジュールにて開催します。
■ 第2弾:2月1日(土)~12日(水)
■ 第3弾:2月13日(木)~3月4日(水)
■ 第4弾:3月5日(木)~18日(水)
■ 第5弾:3月19日(木)~31日(火)

1月9日から閉店まで東急百貨店 渋谷駅・東横店にて5,500円(税込)以上お買い上げの先着1,000名様「レトロ絵葉書2枚セット」がもらえるそうです。

第1弾のデザインはこちら!

嬉しいことに、1回の買い物で5500円ではなくて、合算OKとのこと!レシートは捨てないでおきましょう。

また、このレトロ絵葉書は第2弾~5弾とデザインも変わっていくそうです。

他にも特別販売として限定商品の販売があります。

〈馬車道十番館〉
東急百貨店 東横店オリジナルデザイン缶ビスカウト

(レモン2枚・ピーナッツ1枚・チョコレート1枚 計4枚入)
〈1,000点限り〉1,080円

東横店の前身「東横百貨店」創業当時[1934(昭和9)年頃]のポスターを復刻したレトロでかわいいデザイン缶に、横浜の銘菓「〈馬車道十番館〉ビスカウト」を組み合わせました。〈馬車道十番館〉のビスカウトは、どこか懐かしい厚みのあるビスケットでレモンクリーム・ピーナッツクリーム・チョコレートクリームをそれぞれサンドしたサクサクして歯触りの良い味わい。工場で職人が丹精込め手作りで焼き上げています。
東横店回顧デザイン缶入り〈馬車道十番館〉のお菓子は、このあと3月まで「85年分の総力結集売りつくしセール」第5弾までの5回にわたって毎回異なるデザインにて販売します。詳しくは「85年分の総力結集売りつくし」各売り出しスタート時に、東横店公式サイトにてご案内します。

第1弾の限定販売は早くも完売してしまったそうです!まだ2日目ですよ!

第2弾が欲しいかたは、2月1日(土)に行った方が良さそうですね。

 西館1階 SHIBUYAスクランブル I〈ローステッド コーヒー ラボラトリー〉前 特設会場/東急フードショー(地下1階)諸国銘産売場で販売されますので、買いたい人は、第2弾の初日・2月1日、第3弾の初日・2月13日、第4弾の初日・3月5日、第5弾の初日・3月19日に行きましょう!

85年の思ひ出展

85年間の思ひ出展もあるそうです。

「東横百貨店」の名称で、渋谷駅上に関東初の私鉄直営ターミナルデパートとして誕生したのが1934(昭和9)年とのことです。

それから85年にわたり、歩み続けた『東横デパート』の歴史を貴重な写真とともに振り返る「渋谷の街とともに 東横デパート写真展」は「 第1会場:地下1階 東急フードショー しぶちか特設パネル」

懐かしの『東横デパート』グッズの展示をはじめ、幻の空中ケーブルカー「ひばり号」のフォトスポットや1963(昭和39)年の渋谷駅をリアルに再現したジオラマを展示する「いつもみなさまと一緒に 東横デパートアラカルト」「 第2会場:西館7階 エスカレーター裏 特設会場」へ!

当たり前にあるものがなくなるなんて想像できませんが、最後の渋谷東急東横店で買い物したり、展示を見たりしたいですね!

私も渋谷を通るときは寄りたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました