WHO第2波への警告とゾンビ触手を持つ不吉なウイルス。人類はいつ打ち勝てるのか

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。

自粛も減少してきて、コロナ前の生活に戻りつつありますが、一方で感染者は自粛期間よりも多いのではないかという声も上がっています。

今後、このまま終息するのか、やはり第2波が来るのかどうか、多くの方が心配しているかと思います。

今回はコロナウイルスについての記事をピックアップして、今後について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

WHO第2波への警告とゾンビ触手を持つ不吉なウイルス。人類はいつ打ち勝てるのか

WHOから、第2波についての内容が発表されました。

コロナ「第2波」で数百万人死去の恐れ、WHO警告

世界保健機関(WHO)は26日、新型コロナウイルスの感染拡大に触れ、「第2波」が発生すれば、さらに数百万人規模が死亡する事態もあり得るとの見方を示した。
戦略イニシチアブ担当のラニエリ・グエーラ事務局長補佐がイタリアの国営テレビ「RAI」との会見で述べた。
新型コロナの感染はこれまでWHOの担当者が仮定してきた事態の進展に沿って進みつつあるとも述べた。
博士でもある同補佐は、新型肺炎の今後の展開について、過去のスペイン風邪の世界的な大流行の事例に言及。
夏季に感染が衰え、9月と10月に激しく勢いを取り戻し、結果的に第2波で5000万人の犠牲者が出たと指摘した。
欧州の一部諸国や世界各地では感染予防策として打ち出していた社会経済活動の規制緩和が始まっている。
欧州連合(EU)は対象国を絞った国境閉鎖の解除や海外渡航の制限解除も検討している。
WHOの公式サイトによると、新型コロナによる世界全体の感染者総数は中央ヨーロッパ夏時間の6月26日午後3時過ぎの時点で947万2473人を確認、死者は48万4236人となっている。(CNN.co.jpより/2020.6.27)

WHOによると「第2波」が発生した場合は数百万人規模が死亡する事態もあり得るとのことです。

過去のスペイン風邪やSARSからも、第2波が来ることはほぼ間違いないのではないかと言われています。

日本では死亡率は低く、世界ではウイルスに打ち勝った国のように思われている節もありますが、第2波の方が重症化しやすいそうです。

引き続き、気を付けていきたいですね。

スペイン風邪では、夏場は落ち着き、9月、10月に勢いを取り戻したそうなので、早ければ9月と言われています。
最近では20代、30代の感染者が7、8割を占めているようです。
この世代は活動範囲も広いでしょうから、例年の活動よりは押さえたペースで動くということを、全体で気を付けていきたいものです。

そして、ウイルスに関しても研究が進み、実態が明らかになってきました。

「ゾンビ触手持つ新型コロナウイルス…考えていたよりはるかに不吉なウイルス」

新型コロナウイルス感染症を引き起こす「SARS-Cov-2ウイルス」が人体内の宿主細胞に浸透した後に触手を伸ばして周辺の健康な細胞までゾンビのように感染させるという研究結果が出た。
カリフォルニア大学サンフランシスコ校が率いる国際研究チームは26日、国際学術誌の「セル」にこうした内容の論文を掲載したとロサンゼルスタイムズが報道した。
研究陣によると、新型コロナウイルスに感染した人体細胞はウイルスの命令によりさまざまな形の触手を伸ばし悪魔のような変形を引き起こす。
感染した細胞はフィロポディア(糸状仮足)と呼ばれる細い糸形の触手を生成するが、この触手は周辺の健康な細胞に食い込んでゾンビを作るようにウイルスを感染させるという。

通常ウイルスは宿主細胞内で遺伝物質を作った後に死んだ細胞の外に遺伝物質を放出する方式で増殖する。
だが新型コロナウイルスは感染効率を高めるため「ゾンビ触手」という武器をさらに装備しているというのが研究陣の分析だ。
同紙は「新型コロナウイルスが体内では科学者が考えていたよりはるかに不吉に動作する。新型コロナウイルスが速い感染のために進化過程で触手などの方法を開発したとみられる」と伝えた。

今回の研究を率いた同校のネバン・クローガン教授はエイズウイルス(HIV)と一部天然痘、インフルエンザウイルスがフィロポディアを使うが、新型コロナウイルスの触手は他のウイルスよりはるかに多くの分岐が伸びるなど特異だったと説明した。
クローガン教授は
「新型コロナウイルスは(ひとつの宿主)細胞を殺す前に他の細胞を感染させるメカニズムを作り出した。新型コロナウイルスは科学者の予想と一致しないものが多い」と話した。

研究陣はがん治療剤として開発された一部の薬品が新型コロナウイルス感染細胞の触手形成を遮断するのに効果を発揮できるとみられるとも明らかにした。
今回の論文には同校の研究陣をはじめ、マウントサイナイ医科大学、ロッキーマウンテン研究所、仏パスツール研究所、独フライブルク大学所属の研究陣が参加した。
(中央日報より/2020.6.28)

このウイルスは、感染したら、感染した細胞が周辺の健康な細胞まで感染させるという、ゾンビのようなウイルスということです。

ウイルスの命令によりさまざまな形の触手を伸ばし悪魔のような変形を引き起こす・・・一時期、このウイルスは変異する可能性があるというニュースが出ていました。

この変異とは、健康な周りの細胞に触手を伸ばした際に変異を引き起こすということなのでしょうか。

ゾンビ映画で健康な人が、どんどんゾンビ化するようなイメージと考えると、非常に恐ろしいですね。

このような変異もあるから、ワクチン開発もスムーズではないのかもしれません。

どちらにしても、「感染しない方が良い」と思います。

ストレスにならない程度には、社会と交流を持ちつつ、自粛できるところはしっかり自粛して過ごすべきなのでしょう。

あとは免疫を下げないように、栄養と睡眠をしっかりとってください。

また、このウイルスについて明らかになったことがありましたら、書いていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました