2021年3月の新月は13日!うお座の新月の過ごし方は?

スポンサーリンク
占い・スピリチュアル
スポンサーリンク

こんにちは!

3月13日は、今年3回目の新月です。

新月って何か意味があるのでしょうか。

今回は13日の新月について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2021年3月の新月は13日!うお座の新月の過ごし方は?

2021年3月の新月

3月13日(土)19:22新月になります。今年3回目の新月ですね。

 

この日はうお座の位置で迎える新月です。

うお座は、癒し感性を意味します。

感性を表現することや、ヒーリングに関することを始めるなら、この新月が適していますね。

そして、何か心に引っかかることがあったり、すっきりしない気持ちを抱えているなら、

あなた自身を癒すために時間を使うと良いでしょう。

走り続けるだけではなく、時には立ち止まってゆっくり周りを見渡すことも大切です。

好きなものを飲みながらカフェで本を読んで帰ったり、空いている時間に映画館に立ち寄ったり、

あなたの体と心を癒してください。

 

また、芸術の意味もありますので、音楽やアートに関することを始める、あなたのセンスを表現することを行うには良い日です。

もちろん、音楽やアートを鑑賞しに行くのもよいですね。

絵を描いたり楽器を弾いたりすることに興味があるなら、新月ですし、習い始めても良いでしょう。
普段同じような服しか着ない人も、この日はおしゃれにも気を使って、表現してみてはいかがでしょうか。
あまり選ばないような色を選んでみたり、いつもは無難なデザインにしてしまうものを買い替えてみたり、気分転換をしてみてくださいね。

 

また、うお座は無意識という意味もあります。

自分の直感を信じて、心惹かれる場所を訪れてリラックスした時間を過ごすのもいいですね。

頭を使いすぎずに直感的に行動することが、後々のヒントになる可能性があります。

海が気になるなら海へ、山の写真に目が行くなら山へ、同じ公園の名前を最近聞くならその公園へ訪れてください。

ふらっと本屋に立ち寄って、直感で買ってみたりすると、その本には必要なメッセージがあるかもしれません。

12星座の中で12番目のうお座は、新しいサイクルに生まれ変わる直前の星座です。

新しいスタートの為の準備を始めるのにも適しています。

4月から環境が変わる人もいることでしょう。
必要な資料を集めておく、朝方の生活サイクルを作っておく、健康を保つために運動するなど、
4月から生活や環境が変わる人もできることはあるはずです。
その準備をしながらも、今は何もしなくていいのではなく、日常でできる小さなことを始めると良いですね。

恋愛でも仕事でも周囲の人への気遣いを大切にしてください。

調和を考えた上で主張していくと良いでしょう。

 

新月前後2~3日は新月のパワーがあります。
一度、自分と向き合い、そして新月パワーのあるうちにスタートしてみるとよいと思われます!

新月はどう過ごす?

新月は月齢がゼロですので、リセットするのに良い時期です。

そして、内側にエネルギーを向けるのに適していますので、あまり外出はせずに家で過ごしたり、体を休めましょう。

自分を見つめなおし、新しいことを始める準備をしましょう。

新月のときはゆっくり休んで、改めて計画や目標を立てると良いでしょう。

新月に始めたことが、小さなサイクルでは次の満月に、大きなサイクルでは半年後の満月で達成される、叶うと言われます。

この日は、自分と向き合う時間を作りましょう。

自分の改善したい習慣があったら、断ち切るのに良いですね。

禁煙する、ギャンブル、飲酒、甘いものなど、普段の習慣でやめたいことはありませんか。

新月からは、心身に良いものを吸収していきましょう。

スタートするのに適していますが、新月を過ぎると月は満月に向かって満ちていきますので、ダイエットを始めるのは不向きと言われます。

ダイエットをしたい人は、食事制限より筋トレ、体力強化を始めるとよいでしょう。

月の満ち欠けを意識して生活をすると、物事が自然とスムーズに流れると言われます。

これからは月を意識した生活をしませんか。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました