2020年10月の新月は17日!てんびん座の新月の過ごし方は?

スポンサーリンク
占い・スピリチュアル
スポンサーリンク

こんにちは!

10月17日は、今年10回目の新月です。

新月って何か意味があるのでしょうか。

今回は17日の新月について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年10月の新月は17日!てんびん座の新月の過ごし方は?

2020年10月の新月

10月17日(土)4:32新月になります。今年10回目の新月ですね。

てんびん座の位置で迎える新月です。

てんびん座は、バランスを取ることが大切です。

まずは、仕事または勉強プライベート、このバランスをうまくとって生活するよう心掛けましょう。

仕事や勉強ばかりになっている人は、家族との時間を作ったり、あなた自身の気分転換のために出かけるなどしましょう。

遊んだりだらけてばかりの方は、気持ちを入れ替えて、いつもよりもテキパキと仕事をする、宿題はすぐに終わらせるなど、少し行動を変えてみましょう。

メリハリをつけた生活ができるように、時間の使い方やスケジュール管理に力を入れてみてください。

そして、どちらも充実できるように、両方に力を入れるバランス力を養いましょう。

また、視野を広く持てるてんびん座ですから、
新しいことにチャレンジするのにも良いタイミングと言えるでしょう。

もし小さなことに囚われがちなかたは、広い気持ちで物事を考えることができるように、
または、全体的に見てから判断できるように、この新月に願ってみてくださいね。

てんびん座は人と関わることに縁があります。

バランス力がありますから、いつも公平につき合うことができ、適度な距離感を保つことが上手です。

人付き合いにおいて悩みがある方や、パートナーと対等に付き合いたい方、部下を公平な目で見るようにしたいかたは、てんびん座のバランス力を持てるように、この新月のパワーをもらってください。

もしあなたの生活において、会話をする人が決まっているような生活なら、
普段話さない人と話す視野が広がるきっかけとなるでしょう。

また、いつも行かない場所へ行ったり、1人で出かけてみるのもいいですね。
新しい出会いがあるかもしれません。
交友関係も広がるように、新しい場所に行ったらいろいろな人に声をかけてみましょう。

ポイントは会話を楽しむことです。

美的センスを磨くのにも良い新月です。
芸術関連に触れてみる、美術館へ行く、習い事を更に極めるために力を入れるなど、
センスアップのために行動を起こし、新月にも願うと有効的です。

洗練された大人になりたい、所作を身に付けたい方も、この新月が有効ですので、
願うのと同時に学び始めてみてください。

新月前後2~3日は新月のパワーがあります。
一度、自分と向き合い、そして新月パワーのあるうちにスタートしてみるとよいと思われます!

新月はどう過ごす?

新月は月齢がゼロですので、リセットするのに良い時期です。

そして、内側にエネルギーを向けるのに適していますので、あまり外出はせずに家で過ごしたり、体を休めましょう。

自分を見つめなおし、新しいことを始める準備をしましょう。

新月のときはゆっくり休んで、改めて計画や目標を立てると良いでしょう。

新月に始めたことが、小さなサイクルでは次の満月に、大きなサイクルでは半年後の満月で達成される、叶うと言われます。

この日は、自分と向き合う時間を作りましょう。

自分の改善したい習慣があったら、断ち切るのに良いですね。

禁煙する、ギャンブル、飲酒、甘いものなど、普段の習慣でやめたいことはありませんか。

新月からは、心身に良いものを吸収していきましょう。

スタートするのに適していますが、新月を過ぎると月は満月に向かって満ちていきますので、ダイエットを始めるのは不向きと言われます。

ダイエットをしたい人は、食事制限より筋トレ、体力強化を始めるとよいでしょう。

月の満ち欠けを意識して生活をすると、物事が自然とスムーズに流れると言われます。

これからは月を意識した生活をしませんか。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました