2020年5月の新月は23日!ふたご座の新月の過ごし方は?

スポンサーリンク
占い・スピリチュアル
スポンサーリンク

こんにちは!

5月23日は、今年5回目の新月です。

新月って何か意味があるのでしょうか。

今回は23日の新月について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年5月の新月は23日!ふたご座の新月の過ごし方は?

2020年5月の新月

5月23日(土)2:39新月になります。今年5回目の新月ですね。

この日はふたご座の位置で迎える新月です。

ふたご座は、好奇心伝達を意味します。

夢中になれる、時間を忘れて没頭できる趣味や楽しいことが見つかるかもしれません。

新月でもありますので、何かをはじめたり、やり直したりするのにとてもよい時です。
少しでも興味があったら、その好奇心に任せて行動してみるとよいでしょう。

勉強や学んでいることがあったら、新しい楽しさが見つかるかもしれません。
ただ勉強していたのが、楽しく勉強できるようになり、新しい知識が身についてきます。

知識が吸収されると、その学びは大きなものとなりますので、あなたの今後の生活に良い影響を及ぼすでしょう。

そして、好奇心のままに楽しいものを見つけたら、それを伝達することで世界が広がります。

新しい体験を言葉で伝えて、仲間の中に新しい風を送り込みましょう。

人とのコミュニケーションに悩みがある方は、この新月に願うと、自然体で人に接することができるようになるでしょう。
ふたご座言語能力が高く、コミュニケーションに長けている星座です。

この力でぜひ、あなたの行動の後押しをしてもらいましょう。

もっとリラックスして人と話せるようになりたい、仕事での話術を身につけたい、会議やプレゼンできちんと発言したい、緊張しないで自然な雰囲気で話せるようになりたい、そんな願いも叶いやすい新月です。

恋人やパートナーに対しても同様です。
思ったことを素直に伝えたかったり、我慢していることを自分自身の言葉で誤解なく伝えられるように、この新月の力を借りてください。

また、語学や文章、文字に関することも関係しています。

語学の勉強を始めるには、ちょうどよいタイミングと言えるでしょう。

今まで、何度と挫折している語学もこの機会に再スタートしてみませんか。
楽しく学べて話せるようになるでしょう。

読書が苦手な人も、苦手意識が薄れてきて、いろいろな本を読むことにより世界が広がりそうです。

文章を書くことも、抵抗感がなくなってきて、スムーズに筆が進むようになるでしょう。

新月はスタートに適していますので、あなたの好奇心にかられること、または、人とのコミュニケーション関する事で、何か行動を始めるにはとてもよい日ですね。

自粛期間だから、ビデオ通話でおしゃべりするというのも、楽しい時間を過ごせると思いますよ。

新月前後2~3日は新月のパワーがあります。
一度、自分と向き合い、そして新月パワーのあるうちにスタートしてみるとよいと思われます!

新月はどう過ごす?

新月は月齢がゼロですので、リセットするのに良い時期です。

そして、内側にエネルギーを向けるのに適していますので、あまり外出はせずに家で過ごしたり、体を休めましょう。

自分を見つめなおし、新しいことを始める準備をしましょう。

新月のときはゆっくり休んで、改めて計画や目標を立てると良いでしょう。

新月に始めたことが、小さなサイクルでは次の満月に、大きなサイクルでは半年後の満月で達成される、叶うと言われます。

この日は、自分と向き合う時間を作りましょう。

自分の改善したい習慣があったら、断ち切るのに良いですね。

禁煙する、ギャンブル、飲酒、甘いものなど、普段の習慣でやめたいことはありませんか。

新月からは、心身に良いものを吸収していきましょう。

スタートするのに適していますが、新月を過ぎると月は満月に向かって満ちていきますので、ダイエットを始めるのは不向きと言われます。

ダイエットをしたい人は、食事制限より筋トレ、体力強化を始めるとよいでしょう。

月の満ち欠けを意識して生活をすると、物事が自然とスムーズに流れると言われます。

2020年は月を意識した生活をしませんか。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました