2022年令和4年/裏鬼門の開運法と過ごし方は?対策やお祓い、方位除けについて

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク

こんにちは!

少し前に「八方塞がり」の記事を書きました。

他にも「裏鬼門」があります。鬼門というとなんだか心配ですがどうなのでしょうか。

今回は裏鬼門について書いていきたいと思います!

2022年の八方塞がりはこちら
2022年の表鬼門はこちら
2022年の困難宮はこちら

スポンサーリンク

2022年令和4年/裏鬼門の開運法と過ごし方は?対策やお祓い、方位除けについて

2022年 裏鬼門の生まれ年は

九星の星回りで、その年の吉凶や方位の吉凶を読み解いた時に、裏鬼門である南西の年のことを言います。

善き者も鬼も出入りした後に、最後に通るところということですね。

九星とは、生まれ年で決まります。

一白水星(いっぱすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の九つのことを言います。

これら九星は8方向に分割しがそれぞれの方角と、中央の1箇所を合わせた九宮を、1年ごと毎年、回っていきます。

南西に自分の九星がある年が、裏鬼門の年となります。

2022年に「裏鬼門」に当たる生まれ年を下記にまとめました!

二黒土星 昭和1年生まれ 97歳
昭和10年生まれ 88歳
昭和19年生まれ 79歳
昭和28年生まれ 70歳
昭和37年生まれ 61歳
昭和46年生まれ 52歳
昭和55年生まれ 43歳
平成1年生まれ 34歳
平成10年生まれ 25歳
平成19年生まれ 16歳
平成28年生まれ 7歳

※年齢は数え年です。1月1日~節分までの誕生日はその前の年と同じ星になります。

裏鬼門の過ごし方

表鬼門が鬼=邪気(悪いもの)が1番最初に通り抜ける入り口であるのに対して、裏鬼門はその出口と言えます。鬼が最後に通る道です。

一般的に、裏鬼門の年は「病運」運気が渋滞する年と言われます。

気迷いや苦労が多いので、足もとを見直して、地固めをすべき時期となりますので、物事は慎重さを持ってください。

しかし、中国風水では、鬼門は、全然問題視されてないそうです。

日本では、昔から家の中心から北東を表鬼門、南西を裏鬼門と呼び、大変重要な場所とされています。

これは、日本列島が北東から南西へと続いている島国であり、地磁気の流れがあることや、
鬼門から裏鬼門にかけてエネルギーの通り道になっていることから、日本では重要視されているようですね。

裏鬼門の年は、前年までの衰退の運気が少しずつ好転し始める時と言われます。
しかし、ここでの無理すると、せっかくの好転している運気に傷をつけてしまいますので、何事にも焦らないでください。
コツコツと努力することが大切な年となります。特に年の上半期は、要注意したほうがよいとされます。

無理は禁物!と肝に銘じて、慎重に行動するようにしましょう。

そして、好転している時期なのですから、こういう時は焦らないで、良くなってからの計画などを立てるとよいでしょう。

裏鬼門の対策は?

もちろん、裏鬼門とは方位のことですから、家の掃除はこまめにするようにしましょう。

裏鬼門を汚すと、胃腸に出やすいと言われます。また、アトピーなど肌のトラブルも起こりやすいそうです。

鬼の出口である鬼門の流れを遮断すると、運気にも影響しますので、掃除はこまめに行い、整頓を心がけましょう。

裏鬼門である南西は「土」と関わりが深い方位とされています。土物の器をインテリアとして飾ったり、鉢植えの植物を置いても良いかと思います。

トゲのある植物は、魔除けの効果があるとされていますから、柊(ヒイラギ)の鉢植えを置いてもよいでしょう。

裏鬼門は、家庭円満につながる方位ともいわれますので、しっかり整えておきましょう。

お祓いするならいつ?

厄年=お祓いしてもらおうとなりますよね。

裏鬼門の年も同様にお祓いを受けると良いでしょう。神社などでは「鬼門除け」「方位除け」祈願としてお祓いができるかと思います。

どうしても裏鬼門の年、とくに上半期に、重要なイベントなどがある人もいると思います。そういう予定がある人はお祓いを行うと良いでしょう。

もちろん、それ以外でも裏鬼門の年に、何もしていなくても良くない事が続いたらお祓いを受けることをオススメします。

時期は、陰陽道などの考えでは2月3日の節分までが冬の周期、2月4日の立春からが新しい年始まりとしますので、1月1日から2月3日までにお祓いを受けると良いといわれています。

お祓いを行っている神社やお寺は、ほぼ一年中お祓いを受け付けていますので、2月4日を過ぎても。裏鬼門で運が悪いと感じたら、都合の良い時に行っても差し障りはありませんよ。

また、神社やお寺などの社務所では色々な種類のお守りが販売されていますので、そういうものを購入してもよいですね。

裏鬼門の際に選ぶお守りは、袋に「鬼門除け」「方位除け」と書かれたものが良いでしょう。

それがない場合は、「厄除け守り」のお守りを選ぶと良いですね。

気にしすぎてしまわないようにご注意くださいね。

慎重に過ごしましょうということで、何もするなということではありませんので、気にしすぎてしまう人は、お祓いをしてお守りを買うことで安心して過ごしたほうがよいでしょう。

2022年、良い1年になりますように!

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました