新型コロナは危険ではない?!ワクチンよりも免疫システム!ドイツ医師団が嘘を告発

スポンサーリンク
アプリ・ネット
スポンサーリンク

こんにちは。

新型コロナ肺炎の感染者がまた増え始めていますね。

2020年はこのウイルスに生活を壊されています。

ところで、ドイツの医師団や専門家の人たちが1500人以上も集まり、このウイルスについておかしいのではないかと公表したそうです。

スポンサーリンク

新型コロナは危険ではない?!ワクチンよりも免疫システム!ドイツ医師団が嘘を告発

もちろん、このウイルスはあるのですが、ソーシャルディスタンスなどと人との接触を必要以上に避けたり、ロックダウンしたりというのは大げさであるということです。

なぜ、イベントが次々と中止になり、人と接触しないような生活になっているのか。

なぜ、国は国民に大げさに発表して、ショックを与えようとするのか。

なぜ、人間の免疫システムを語らず、ワクチンしかないように言われるのか

字幕がありますので、よかったらご覧ください。

個人的な意見ですが、このドイツの医師団、専門家の方たちの主張が本当なら、
よく描かれる未来都市の生活に予定よりも早く持っていくためなのではないかと思いました。

映画や漫画で描かれる未来都市は、買い物はドローンが届けてくれたり、人は自宅にいながら、仕事も勉強も遊びもできます。

なるべく外へ行くのをやめましょうと自宅にいさせる、自宅にいることに慣れさせられているのかと感じます。

ソーシャルディスタンスを理由に対面販売やコンビニでは、透明のシートが下げられるようになりました。

これもロボット導入に近づいたような気がしています。

確かにウイルスはあるでしょうが、こんなに怖がらなくてもいいものであるというのが本当なら、そう感じてしまいます。

皆さんはこの動画を見てどう思われますか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました